個人と業者で行う場合

家庭教師をする場合、生徒が知り合いや身内の子供である場合ならば個人で契約する方が得です。 生徒の保護者が知り合いや親戚など身内である場合は、家庭教師センターなどを間に入れなくても、 自分で直接相手の親御さんと金額などの交渉を行い、契約し家庭教師をする形で良いと考えます。 しかし知り合いといっても、関係の深さなどでいくつか注意点がでてきます。

家庭教師センターなどの会社を通すことで得るメリットがあります。 それはトラブルの予防とトラブルが発生してしまった時の対応を会社に任せることができます。 個人で契約する場合、お互いに信頼がある関係であれば、トラブルの可能性が少ないと考え、 直接契約した方がセンターを通すよりも給料から手数料を引かれることもないので得です。

個人で契約することで得るものが金銭的なメリットです。 家庭教師センターでは、さまざまな教材を用意して学習を行っていく方針をとっていますが、個人契約の場合は家庭教師のマニュアルがありません。 自分のスタイルで勉強を教えることができますし、子供に合った教材を自由に選ぶ事ができます。 個人行う場合のデメリットあり、問題が起これば自力で解決のために動かなければいけません。 クレームなどにも個人で直接対応します。


個人と業者で行う場合

詳しくみる…

個人契約で始める

詳しくみる…

Main Menu

Sub Menu