個人契約で始める

実際に個人で家庭教師を行っていくことでは、生徒の確保や報酬などを決めなければいけません。 どのような生徒にどのような教科を教えていけばいいのか。 前もって考えておく必要があります。 生徒については、小学生や中学生、高校生の中で自分が指導できる生徒の把握、授業内容については、 学校で行う授業のサポートや定期テスト対策などを中心として行うのか。 また受験対策まで最終的に指導をするのか。

教科についても国語、数学、英語、理科、社会の中から教えることができる強化を選ぶこと、最後に自宅から通える範囲はどこまでなのかなど、 さまざまな項目を立てて決めていきます。 授業依頼がきた場合に備えて、最初に必要な教材やさまざまな書類を用意しておくことで、 親御さんへの説明や生徒に対しての授業がスムーズに始められます。

授業を始める前に、家庭で生徒に適した教材がない場合、教える側としてはどのような教材を使用して購入すれば良いのかは重要なポイントです。 また親御さんへ提出する報告書や契約書などの書類、授業料の領収書なども用意しておく必要があります。 生徒を集めて個人で家庭教師を行うには、すべての物事を自分で行う必要がありますので、慣れるまで大変さはあります。


個人と業者で行う場合

詳しくみる…

個人契約で始める

詳しくみる…

Main Menu

Sub Menu