業者から個人契約に移動

家庭教師として業者などに登録するとなれば、やはり大手の方は時給が良いです。 しかし業者に登録していることで、さまざまな費用が天引きされてしまいます。 これが個人で行う場合には、すべて自分のところに入ることになります。 これは家庭教師を行う先生という立場の人間だけではなく、利用する親御さんたちにも大きな負担です。

個人で指導している人に依頼する方が、毎月の月謝は確実に安くなります。 このようなことを考えると、業者から個人契約に切り替えて行うことで、家庭教師の給料の仕組みも変わりますしメリットが多くなります。 個人契約をして指導し、得た収入にも税金は必ずかかります。 個人契約の家庭教師の場合は、会社から出されるお給料ではありませんので、給与所得控除を使えなくなります。 雇用としての給料ではないので、報酬もお給料にはならないのです。

同じように年間稼ぐ額が家庭教師と雇用されている人間と比べても、税金の額には違いがあります。 確かに個人契約の方が、毎月の報酬もアップしますし指導も自分のやり方で行えるので効率も良くなりますが、 税金分の計算を頭の中に入れておかないといけません。 業者に登録すれば、立場は雇用になりますので、お給料として会社側で税金処理を行ってくれます。


個人と業者で行う場合

詳しくみる…

個人契約で始める

詳しくみる…

Main Menu

Sub Menu